厚木市 ポリマー、カーメンテナンスのテオリア

テオリア エシュロンコーティング 『NANO-FIL』


エシュロンNANO-FILの性能

大幅な性能向上を実現させた 新開発3Dネットワーク構造被膜

NANO-FIL最大の特徴は、初期安定性による被膜へのダメージの軽減と圧倒的な膜厚感を持ちながら作業性の向上など総合的に大幅な性能向上を実現した事と、ガラスでありながら柔軟性を持つという新開発の3Dネットワーク構造被膜にあります。この開発の最大のポイントは、ガラス被膜や被膜硬度といったスペックにこだわるのではなく、コーティングの基本である、塗装を保護し美観を長期間維持するということを追求したことです。その結果としてこれまでにない新しい概念の構造被膜が誕生しました。従来のガラス構造被膜は、均一な立体架橋構造を持った単一的な被膜で、ガラス被膜としての硬度は十分に発揮できますが、柔軟性に欠けており、塗装面への追従性の限界やキズなどのダメージに対する回避能力に劣る部分がありました。それに対して新開発の3Dネットワーク構造被膜は、三次元網目構造のガラス被膜中に均一で直鎖構造を持った強固なつなぎ目が存在することによって、ガラス被膜としての硬度を保ちつつ、優れた柔軟性と塗装面への追従性を実現しました。
エシュロンNANO-FILの性能
これまでの弱点を克服した耐候性

3Dネットワーク構造被膜は強力なエネルギーを持ったシロキサン結合を主骨格に持ち、紫外線の影響を受けず、強固な耐候性を発揮します。これらの性能によって、 酸性雨や樹液、糞害、黄砂、花粉などの外的要因からのダメージを防ぐとともに、スクラッチシールド塗装のような特殊高弾性塗装をはじめ、耐スリ性塗装や水性、粉体塗装など様々な塗装面に対応します。
改良ポイント

1.圧倒的な膜厚感はそのままに作業性を大幅に向上

旧タイプは、その性能を重視するあまり、施工性を犠牲にしている側面がありました。製品をご使用の皆様からも「そこをなんとかしてもらえれば・・・」という声を多くいただいていました。そこでNANO-FILは、高い評価をいただいていた性能面を落とさずに施工性を向上することを大きな目標の一つに掲げ、開発を進めてきました。その結果、原材料から見直したことにより簡単に拭取りが行えるようになりました。また、作業マニュアルの内容も見直しを行い、より効率の良い施工方法を確立しました。

2.初期の被膜安定性を向上しダメージを大幅に軽減

従来のガラス被膜コーティングは、空気と反応して被膜が硬化していくという性質上、施工直後の被膜性能が十分でなく、外的要因によるシミなどのダメージを受けやすいという弱点がありました。NANO-FILは、基本的な反応のメカニズムは従来と同様ながら、3Dネットワーク構造被膜という新しい架橋構造によってその弱点を克服しました。特殊なプロセスで精製した高純度シリコーンを採用し、そこに構造被膜を確立する為の添加剤を用いて完全反応する、不純物の一切残らないハイブリッド被膜を形成することで被膜の優れた初期安定性を実現し、シミなどのダメージを最小限に抑えます。

3.施工工程の短縮によるコストパフォーマンス向上

旧タイプは、本来1液で施工できる製品でありながら、初期の被膜安定性を補足する目的で、トップコート剤などの犠牲被膜的な上塗り剤を使用する施工方法が圧倒的に多かったのが実情です。NANO-FILは、被膜の初期安定性が格段に向上したことによって、本液のみの1工程で施工が完結できます。また、施工性の向上によって施工時間も従来より短縮されることから、1台当たりのトータルコストがより削減されます。これにより、より多くのプロフェッショナルがユーザーへ自信を持って製品をアプローチすることが可能になりました。

4.トータルで向上した被膜の基本性能

総合的な基本性能で旧タイプと比較し、多くのメリットがあるNANO-FILですが、実際にどの点が異なるのかをわかりやすく比較してみました。

エシュロンNANO-FIL 施工手順

1.現車確認

付着物、大小のキズ、ウォータースポットの有無など、コンディションを把握します。
2.ホイール、ボディー洗浄

2.ホイール、ボディー洗浄

ホイールは、基本的に洗剤とスポンジで洗浄。汚れのひどいもの、お客様から、指摘があったものについては、毛ブラシ、ケミカル剤等用いてクリーニング。同時に、フェンダー内側、タイヤハウス洗浄。フェンダー内側、タール、ピッチ付着を確認します。ボディーは洗いながら、手で触ってある程度付着物確認します。汚れのひどい車輌は、ヒンジも汚れているので、一緒に洗います。
3.鉄粉、付着物除去

3.鉄粉、付着物除去

洗車で付いた水滴を利用して、ネンドまたはケミカル剤を使い、鉄粉、付着物を除去します。窓ガラスに付いた水滴はある程度拭き取り、フェンダー内側の付着物も除去します。タール、ピッチクリーナー又は、シリコンオフも除去に使用します。きれいにボディーを拭き、ブロワで水分を飛ばします。
4.マスキング

4.マスキング

ゴム類、未塗装プラスチック部品、部位はマスキングテープで保護します。

5.コンパウンドでテスト磨き

弊社が採用しているメインのコンパウンドは4種類です。 また、塗装の種類により最適なコンパウンドも数種類、用意しております。 初めにボンネット又は目立たない場所でテスト磨きを行い、全体の磨きパターンと同時にお客様の要望を大方把握します。 出来れば、過去のコーティング、フッ素ワックスなどの有無まで把握します。

水垢の付きやすいモール際、エンブレムのふち等を綿棒、つまようじ、ヘラ等を使って、手磨き。ウォッシャーノズル、フェンダーマーカー、リアワイパーの取り外しが出来れば、はずして、手磨きしておくと、仕上がりがキレイです。タイヤハウス黒いプラスチックにレザーワックス塗布しておきます。
6.全体磨き

6.全体磨き

一定のパターン磨いていきます。途中問題があればその都度修正しながら、全体を磨いていきます。

7.脱脂、または必要があれば洗車

マスキングをはずし、脱脂、または洗車します。ボディーにキズを付けないように洗車します。

8.水滴吹き上げ、脱脂

絞ったボディークロスにシリコンオフを適量付けながらボディーの水滴を拭き取り、ブロワで水滴の残らない様にしつこく水を飛ばし、乾燥。 タイヤ、ホイールの水滴も放置すると、シミになるので飛ばしておきます。
9.コーティング<br>(エシュロンNANO-FILコーティング)

9.コーティング
(エシュロンNANO-FILコーティング)

手作業でパネルごと、丁寧に塗布します。エシュロンの最大のメリットは、容易なメンテナンスです。高機能ガラス被膜だから出来る究極のイージーメンテナンスコーティングです。

10.タイヤワックス

仕上げ→すぐ納車の場合、最後にタイヤワックスを施すと飛び散る事があるので、この時点でタイヤワックスを施しておきます。

11.窓拭き

ガラスクリーナーで内窓と外窓ガラスをキレイにします。
12.全体チェック&最終仕上げ

12.全体チェック&最終仕上げ

全体において、コーティングの拭き残し、コンパウンドの粉、こびりつき、ホイールについたタイヤワックス、ぬかりの無い思いで仕上げ、納車、お引渡し、という手順になります。
マセラッティー エシュロン(NANO-FIL)施工

施工前

施工前

施工後

施工後

マクラーレン570S エシュロン(NANO-FIL)施工


究極の美しさと耐久性
当社のガラスコーティングは長年の経験と数々の実験により現在の最上位のガラスコーティング剤エシュロンを使用しております。
非常に硬質なガラス被膜が、様々な塗装劣化の原因(酸性雨、鳥糞、日焼け、塩害 など)から長期間にわたり塗装を守ります。汚れや水垢などが固着しにくいのでコーティング後のお手入れは洗車のみで、ワックスがけなどは一切不要です。ガラスコーティングならではの、まるで濡れているかのような深くクリアなツヤをご堪能下さい。
また、コーティング作業で一番大切な事は下地処理と磨きです。どんな高価なコーティング剤を使用しても下地処理と磨きを完璧にしないと効果を発揮しません。近年の塗装は大変多様化しております。色、塗装のメーカーや状態に合わせた最適なコンパウンド(研磨剤)と研磨機材を用い、熟練の技師がお車を新車以上に仕上げます。

エシュロンNANO-FIL 価格表

商材/車種 価格 商材/車種 価格
軽自動車 小 52,000 RV 5ドア 80,000
軽自動車 大 60,000 ミニバン 小 76,000
小型車(リヤハッチ) 64,000 ミニバン 中 86,000
小型車 70,000 ミニバン 大 90,000
中型車 72,000 1BOX 90,000
大型車 80,000 外車 小 70,000
ステーションワゴン 76,000 外車 中 80,000
RV 3ドア 76,000 外車 大 90,000

※全て税抜価格です。
硬質なガラス被膜が愛車のボディを長期間ガードいたします。
徹底した下地処理により、ボディコンディションを完璧に仕上げ、エシュロンコーティングを施工すれば、まるで濡れているかの様な艶を演出します。
ピュアガラスコーティングならではの、クリアで深い艶、防汚性能、コーティングの持続性をご体感ください。
只今創業キャンペーンです!お気軽にお問い合わせください!

テオリア エシュロンコーティング 『Zen-Xero』

テオリア エシュロンコーティング 『Zen-Xero』
エシュロンZen-Xeroの性能
Zen-Xeroは、ガラス被膜で重厚な光沢と防汚性に優れることはもちろん、接触角が110度という超撥水被膜をベースコートとトップコートの2液施工で実現し、さらにその超撥水状態が長期間持続します。

圧倒的な膜厚感

オーナ様にとって確実な存在感を体感できる究極のナノハイブリッド被膜です。
その圧倒的な膜厚感によって、ガラスコーティングが施工されたことをすぐに実感できます。

究極の超撥水被膜

Zen-Xeroの被膜性能の魅力のひとつは、“110度”の大きな接触角を持つ超撥水です。
従来の「撥水」をうたうコーティングの中でも圧倒的な撥水力を誇ります。
メーカーとのリレーションによって新開発された専用のフッ素コート剤で、
単なるコーティングの上塗りではなく、Zen-Xero本液のポリシラザンとの融合を前提にした特殊素材です。

透明感のある光沢

科学的根拠に基づいたナノテクノロジーの高品質なガラス被膜。そこから生み出される独特の透明感と美しい光沢が見る者に深い印象を与えます。

優れた施工性

常にクオリティの高い施工が可能であることも重要な要素です。 Zen-Xeroは従来の被膜性能を向上しつつ、これまでにない優れた施工性を実現しました。特に、メルセデスのブラック(040)、BMWのブラックサファイア(475)や、日本車ではトヨタのブラック(202)などのデリケートな濃色車において、ムラの発生しないクオリティの高い仕上がりを実現します。

■ ナノハイブリッドメカニズムとは

Zen-Xeroはこれまでにない無機と有機をハイレベルで融合したバランスの取れた製品です。下図の反応でナノハイブリットガラス被膜を形成し、さらにトップコートはZen-Xero専用に開発した特殊フッ素を使用した撥水剤を用いて、究極の接触角を持った均一性の高い超撥水性能を発揮します。
これを塗布することでこれまでの撥水コートを凌駕する性能と、弱点であるシミの発生を極限まで抑えた理想的なコーティング被膜を形成します。

施工前

施工前

施工後

施工後

エシュロンZen-Xero 価格表

商材/車種 価格 商材/車種 価格
軽自動車 小 87,500 RV 5ドア 147,000
軽自動車 大 87,500 ミニバン 小 94,000
小型車(リヤハッチ) 87,500 ミニバン 中 137,000
小型車 94,000 ミニバン 大 158,500
中型車 129,000 1BOX 158,500
大型車 147,000 外車 小 117,500
ステーションワゴン 129,000 外車 中 129,000
RV 3ドア 117,500 外車 大 147,000

※全て税抜価格です。
Zen-Xeroはこれまでに無い無機と有機をハイレベルで融合したバランスの取れた最高峰コーティングです。
従来の撥水コートを凌駕する性能と弱点であるシミの発生を極限まで抑えた理想的なコーティング被膜を形成します。
ナノハイブリットガラス被膜を形成し、さらにフッ素撥水剤が究極の接触角を持った均一性の高い超撥水性能を発揮します。
そこから生み出されるZen-Xero独特の透明感と美しい光沢が見るものに深い印象を与えます。
今までの常識を凌駕するコーティングの最高峰を是非ご体感ください。

テオリア エシュロンコーティング 『CS-1』

テオリア エシュロンコーティング 『CS-1』
CS-1の性能

コーティング本来の目的である防汚性を重視した性能

親水タイプは、コーティング本来の目的である防汚性やメンテナンスの軽減に注力して開発された製品です。ビジュアル的には撥水タイプが好まれる傾向にありますが、その中で最大の目的である水垢などの汚れの固着を軽減し、日常のメンテナンスとして洗車を容易にするなどの性能を重視した設計です。接触角が30°以下の親水性被膜を形成し、セルフクリーニング効果を持たせることで、オーナー様がコーティングのメリットを感じられる製品です。

クオリティの高い仕上がりを実現する優れた施工性

親水タイプは従来のガラス被膜コーティング剤にはない、優れた施工性を実現しています。施工は一般的な有機化合物系のポリマーコーティングなどと同様に車両全体に塗布し、時間をおいてから拭き取りを行います。これにより、様々な施工環境に柔軟に対応し、ムラの発生などのリスクも最小限にとどまり、施工者のスキルを問わず幅広く導入していただけます。また、施工時には濡れ拭きを行うことで加水分解反応を促進し、被膜を早期安定化させることで拭き取りを容易にし、施工性を向上させています。

親水被膜の優れた防汚性

水と親水性被膜は、一体の物質であるかのようになじみます。

親水タイプは無機質の親水性被膜を形成し、水を弾かずに薄い膜状になって水が流れることで、塗装面に付着した汚れを一緒に洗い流すセルフクリーニング効果を発揮します。これにより、撥水性被膜と比較して格段に水垢、汚れを寄せ付けず、通常の洗車のみでも十分に美しい状態を長期間保つことができます。日常のお手入れを出来るだけ軽減したい淡色車系のユーザーに最適です。また、親水性被膜は水滴によるシミも発生しにくいので、ブラックカラーの車などでシミが気になるユーザーにも対応できます。

広がる用途

親水タイプは、ボディへの施工はもちろん、アルミホイールやモールなどの金属面や、未塗装のバンパーなどの樹脂部分にも施工可能で、高い防汚性を発揮するとともに劣化した未塗装のモールなどではしっとりとした深く黒い光沢を復元します。

施工前

施工前

ルーフ面にウォータースポットなどが、目立ちます…

施工後

施工後

ウォータースポットなどが消えて、鏡面の様に美しい仕上がりです

エシュロンコーティング お客様の声

ポルシェ マカン エシュロン(NANO-FIL)コーティング・撥水ガラスコーティング

ポルシェ マカン エシュロン(NANO-FIL)コーティング・撥水ガラスコーティング

厚木市 在住 K様
車種:ポルシェ マカン

ポルシェ マカン オーナ様ご依頼頂き、ありがとうございました!

重ね重ねの褒め言葉、とても励みになります!!

またのお越しを、スタッフ一同お待ちしております!!

2020/04/20

レヴォーグ エシュロン(NANO-FIL)コーティング

レヴォーグ エシュロン(NANO-FIL)コーティング

厚木市愛川町在住 B様
車種:レヴォーグ

レヴォーグ オーナー様、ご依頼頂き、ありがとうございました!

想像以上の出来栄えに感じて頂き、スタッフも嬉しく思います!!

こちらこそ!!宜しくお願い致します。

2020.3.25

ホンダ ヴェゼル エシュロン(NANO-FIL)コーティング・ガラス撥水コーティング

ホンダ ヴェゼル エシュロン(NANO-FIL)コーティング・ガラス撥水コーティング

厚木市 吾妻町在住 O様
車種:ホンダ ヴェゼル

ホンダヴェゼル オーナー様、ご依頼頂き、ありがとうございました!!

沢山のご意見を、有難うございます!!

そして、毎年コーティング施工のご依頼を頂きまして、身に余る想いで

す。更なる技術向上を目指しますので、これからも、宜しくお願い致

します。

2020.3.25

お客様の声を見る

エシュロンコーティング 施工実績

new
ベンツEクラス エシュロン(CS-1)コーティング

ベンツEクラス エシュロン(CS-1)コーティング

2020/05/30
ボルボV70 エシュロン(NANO-FIL)コーティング・ヘッドライト研磨コーティング

ボルボV70 エシュロン(NANO-FIL)コーティング・ヘッドライト研磨コーティング

2020/05/29
タンク エシュロン(NANO-FIL)コーティング

タンク エシュロン(NANO-FIL)コーティング

2020/05/27

エシュロンコーティングの施工実績を見る

【ホーム】 【コーティング】 【カーフィルム】 【ラッピング】 【リペア】 【ルームクリーニング】 【施工ギャラリー】 【お客様の声】 【会社概要】 【更新履歴一覧】 【サイトポリシー】 【個人情報保護方針】 【サイトマップ】 【お問合わせ】

Powered by POOSNET